入校するときの注意事項やポイントについて

個人で印刷会社へ依頼するのは、どんな時か

印刷の種類と特徴について

印刷の種類は、オフセット印刷・活版印刷・グラビア印刷・孔版印刷などがあります。
一般的な印刷傾向にあるオフセット印刷とは、版に付けたインキを転写ローラー(ブランケット)に移してから、紙に印刷する方法です。
版から用紙へ直接印刷しないのが特徴で、写真や文字の印刷も鮮明なことから、ポスター・チラシ・雑誌などに向いています。

活版印刷は凸版印刷とも呼ばれ、版画の原理を活用し、凹凸の凸部分にインキをつけて紙などに転写する方法です。
最も古くからの印刷方法で、名刺やはがきなどに向いています。

グラビア印刷は凹版印刷とも呼ばれ、凹凸の凹の部分にインキを流し入れて印刷する方法です。
高度な表現も可能なため、紙幣や有価証券にも採用されている印刷方法です。

孔版印刷はシルクスクリーン印刷とも呼ばれ、版に開けた穴(孔)を通してインキを転写する印刷方法です。
紙だけではなく、布製品など様々なものに対応できるのが特徴です。

家庭用プリンターに多い、オンデマンド印刷

オンデマンド印刷には、版が必要ありません。
パソコンなどで作成したデータを、そのまま印刷する方法です。
その中でも「インクジェット印刷」と「レーザープリント」に分かれ、インクジェット印刷は、インキを紙に吹き付けて印刷する方法です。
レーザープリントは、インキを転写させるドラムに、レーザーでイメージを作成し、印刷する方法です。

C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)・K(ブラック)のインキが使用され、DICやPANTONEなどの特色は使用できないため、オフセット印刷に比べると印刷が鮮明ではありませんが、版が不要のためコストを抑えることができ、小ロットに印刷に適しています。
印刷面を虫メガネなどの拡大鏡を使って見ると、「網点」が見えるのも特徴の一つです。



ページ
先頭へ